<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生きていくのが困難です | main | 門外不出 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
検査その後
不穏なタイトルの日記を最後に更新滞っててすみません;
生きてます。生きてます。
なんか漏れ、昔からブログで生存報告してる気がorz

メール不精だし電話もしないしうっかりすると3年くらい平気で音信不通になったりもするので、実家の友人の間ではいつの間にか「海外へ行って金よりもヤシとサトウキビの畑が価値のある島で暮らしてる」って噂がまことしやかに囁かれていました。
いい加減、そんな人生悔い改めないといけません。

そんなわけで大人として、責任もって事後報告です。
病院へ再検査の結果を説明してもらいに行ったところ、とりあえず糖尿の疑いはきれいに晴れました。
糖尿専門の先生が担当だったんですが、いろいろと糖尿病の計算式とかにもあてはめて
平均値をはるかに(いい意味で)下回っていたり上回っていたりするそうで。
最初、インシュリンの分泌が悪いことを疑っていたそうですが、
必要以上に分泌してるし反応も早いそうです。それもどうなのか。

で、結局、著しい貧血のために、赤血球の寿命が一般人より長いんじゃないか、と
推測の域での説明がありました。
それによって、赤血球のなかの糖分も多く残留している→数値が高く出る
…んじゃない? と。
「んじゃない?」の疑問系がとても気になりますが、まあプロが心配ないというのならとりあえずよいのでしょう。

そして貧血の方ですが、こっちは貧血専門のお医者さんが月に2回しか来られないらしく、しかも今月は自分が仕事超ハードなので落ち着いてからあらためて。
さくっと糖尿の先生に説明だけしてもらおかな、と思ったんですが、
専門が違うからかかなりいい加減。
精密検査の結果を見つつ「うーん、今まで平気だったんでしょ? 特に治療しなくていいんじゃない」ときたもんだ。

いや、お宅から「要治療だから病院こい」って通知してきたんでしょうがよ。

「や、でも鉄分の数値とかちょっと低いですよね」と言ったら、「ん〜?」とあらためて結果を眺め、
「あ。ホントだ。低いね。うわ。低。すごい低い。なんだこれ低い」と、「低い」を5連発くらいしてました。

低いのはとっくに分かりきって……_| ̄|○|||

だから治しに来てると何度いったら………_| ̄|(((○

とりあえず増血剤をもらって飲みつつ様子見ることにしました。
昔も増血剤を飲んで逆に具合悪くしてるので微妙なんですが(-△-)
暫くは続けないとアカンみたいです。

そんな感じです。とりあえず、人様の最低数値の半分くらいにはなれるようにがんばりまーす。



| - | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/11/15 12:51 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/11/15 9:51 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/11/21 9:45 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/11/22 12:42 AM |









http://shimaezo.jugem.jp/trackback/176