<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 殿とためらい傷 | main | やっと…… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日本でいちばん予約が取れないレストラン
と、いわれる「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」へ行って来ました。

昔は一年以上先まで満席だったそうですが、今は二ヶ月前くらいで予約できましたです。
とはいえ、平日の夜21:30〜という微妙な日時でしたが^^;
仕事が校了でひと段落したんで、仕事仲間や先輩や副編集長らの5人で参戦。

イタリアンの真髄を大切に「安く・うまく・ボリュームたっぷり」を信条にしている落合シェフの店、コースが3900円程度で前菜、パスタ、メインが7〜8種類くらいからそれぞれ選べます。

もう名前ほとんど忘れてんですが……とりあえず、前菜は
里芋とトリッパの煮こごり


見た目からしてすごいきれいでした。
味もかつて食べたことのない食感。里芋のむにゅっとした舌触りとトリッパやすね肉が寄せられた煮こごりのコクがある味わいが絶妙。
野菜もウマイ。ドレッシングがなんか妙にハマる味で、もりもり食べました。

パスタは
野菜たっぷりのニンニクとアンチョビソース


麺がとにかくうまい。具や味付けもおいしいんですが、パスタそのものは今まで食べたなかでもピカ一。生麺にしてはコシがあるし歯ごたえあるし、乾麺なのかなあ。
だとしたら工場で独自で作ってもらってたりするんだろうか。デュラム・セモリナのパスタはあちこちでかなり食べたけど全然違う。もしかして粉から違うかな?
アンチョビソースもニンニクとよくあっていました。

そしてメインは
牛頬肉の赤ワイン煮!


肉好き冥利に尽きます……!! やわらかく煮込んだ牛の頬肉を惜しげもなく固まりでドカーンと出してくれるところがいい!
さすがイタリアン、さすが落合シェフ。付け合せのマッシュポテトもクリーミーでおいしかったです。生クリームとかあわせてんのかなー。
赤ワインソースと一緒に食べるとこれまた絶品。

ここでかなりお腹いっぱいになっているものの、せっかくなのでラベットラのドルチェも頼むことに。
最近、甘いものはかなり苦手になりつつあるんだけど面白そうなのがあったんですよ。

ほうじ茶のクレームブリュレ


ほんっとうにほうじ茶味やった。香ばしくてウマい!
昔仕事で行ったイタリアンレストランで麦茶のジェラートを出されて驚いたけれど
日本茶とドルチェは相性がいいのかもしれない。

コースにしては品目少なく見えるけど、充分満腹。
実際、夜飲み足りないかなと思ってビール買って帰ったけれど全然飲めなかったです=3

価格も手ごろだしサービスもよいし、また行きたいな〜。
二ヶ月以上先の予約だから行くとなったら「ここ!」と決めないとだけど。
特別な日に特別な誰かと行きたいもんです(´此*)
| - | 00:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:45 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/10/15 12:55 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/10/15 11:26 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/10/16 12:04 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/10/23 1:12 PM |









http://shimaezo.jugem.jp/trackback/171