<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 牛ダメ。 | main | 松江〜出雲旅行2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
松江〜出雲旅行
実は 8月の後半、遅い夏休みをとって松江〜出雲へ一人旅してました。
旅行記書こう書こうと思っていて 気がつけば一ヶ月が経過ですよちょっと。

細かいことはさておいて写真だけべしべし時系列に貼っていっときます。
アルバム代わり。



2006.08.23. 米子空港から松江駅へ向かう途中、中海。
と、いう名の湖。海と名がつくだけに汽水湖らしい。


2006.08.23. 空港からバスで小一時間、松江駅到着。
中国地方の駅はなんだか空気が独特だと思う。空の青さも。


市内を周遊するレトロなバス。その名も「ぐるっと松江レイクライン」……。
今日は1日お世話になります。500円で載り放題。


車内もレトロ。どっかのおばちゃん、鞄置いたままで友だち呼びに
出ていってもーた。田舎やな〜。


とりあえず、松江城の前で下車。「水の都」と謳われるだけあって城を巡るお濠も見事。
さー、歩くか。馬にでも乗れりゃいいのにな。


濠沿いに歩いていたら水面をついてくる怪しい影発見。
なんだ?なにかいるのか? ……亀か。


異様に多い、松江城の亀。
数十メートル歩くうちに10匹以上は見た。そして全員、横を併走ならぬ併泳する。ナゼ。


お濠が途切れるとようやく城の入口へ。お城に植わっている木は、なぜか全国たいがいのところで元気がいい。過去の活気が残っているのかな。


城周辺図確認。実はこういう地図、ぞくぞくするほど好きです。
城内図なんてあった日には貪り見ます。
真面目に勉強したわけじゃないけど、安土城の構造はかなり興味深い。観音寺城もいい。
松江城も名だたる名城のひとつだが、この二重に巡らされた自然と人工の濠に囲まれた要塞チックな立地からして最高だ。興奮してきました。ああ来てよかった。
いつまでも語りそうなので次へいきます。


城へ行く前にちょっとクールダウンすべく、城の手前にある「松江神社」へ参拝。
しかしこの鳥居もいい……! いつからあるんだろう。日に焼けて風に削られた石の雰囲気、あせた色、最高。一礼して敷地へ入ります。


入ってすぐの場所で神社を守っている狛犬。松江城付近にはいくつか神社があるけれど、
狛犬の造り、お稲荷さんの造りが非常によく似ている。同じ作者じゃなかろうか。
これもいいねえ。顔がやさしげだから雌のほうだろうか。


向かって右側の狛犬さんはなんと顔が落ちていた。直してもらえないんかな。
それにしても、首からじゃなく顔の面だけがずるりと落ちるなんて珍しい。
ちょっと壮絶だった。


神社の脇にあるお稲荷さんにもおまいり。


ココのお狐様はとんでもなく美形だ。


ちょっと犬みたいな顔が特徴的。眼光の鋭いところがかっこええ。


そしてようやく松江城へ。ウソみたいな青空をバックに佇む姿に暫し言葉もありません。
昔の人の美意識ってすごいと思う。威風堂々とはこのことだな。

長いんで続きます(・ω・)ノ
| 旅行 | 13:33 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 13:33 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/09/26 1:02 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/09/27 9:46 PM |









http://shimaezo.jugem.jp/trackback/163
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/22 10:17 PM |