<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 息継ぎ | main | ただいまです|ω・)ノ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
K.Nの悲劇


読了。最近ハマってる高野和明氏の本です。
単に作者から選んで買った本だけど、読み終えてみたらちょうど先週見た「エミリー・ローズ」と似たようなジャンルだな、と思った。

中絶を迫られた妊婦が、ある日突然憑りつかれたように性格が変わり、それと共に怪奇現象が夫の目の前で起こる。

妊婦は「誰かが体の中にいる」と言い、医者は「中絶をしなくてはいけないということへの多大なストレスによる精神病」と言う。
妻の変わりように戸惑いながらも、精神病説を信じて治療を試みる夫だが、妻に憑りついた「何者か」の力は人知を超え、とうとう夫も「これは霊の憑依」だと信じるように。

憑依か、精神病か。ストーリー全体を通じて、作者もあえてどっちだったというオチは付けていないが、科学と超常現象のせめぎ合いが説得力あって面白い。
これを見た後なら、きっとエミリー・ローズがもっと楽しめたんじゃなかろうか。

ただ、個人的には高野さん、「精神病」説に軍配を上げようとしたのかな、と思ったシーンが一箇所ほど。
本人にインタビューする機会があったらぜひ聞いてみたいもんです。
| 本・ゲームレビュー | 21:04 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:04 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/03/26 11:29 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/03/29 7:03 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/04/04 1:46 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/04/12 4:08 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/04/14 4:30 PM |









http://shimaezo.jugem.jp/trackback/123